HOME > 活動ブログ > 「ロボットプログラミング教室」を開催

活動ブログ

「ロボットプログラミング教室」を開催

2018年01月12日 (金) 12:37

「ロボットプログラミング教室」を開催
同時開催:ライントレースプログラミング教室、はんだこて教室

12月16日(土)開催事業報告
参加者18名(午前11名、午後7名)
双星高校9名(午前5名、午後4名)
メンバー2名、協議会3名

事業担当:まちづくり委員会

12月16日(土)、本青年部まちづくり委員会(道脇副部会長 ante dante代表)は、
尼崎商工会議所7階701・702会議室にて、
「ロボットプログラミング教室」を開催しました。

5回目になる今回は、
平成30年1月20日の尼崎ノード大会に向けた最後のセミナーで、
尼崎市内外の小学生17名、中学生1名、
双星高校から9名の参加がありました。

10月に開催したセミナーに引き続き、
サッカーロボットプログラミング教室だけでなく、
はんだ付け練習キットを使って、はんだ付けの基本から学ぶとともに、
電気回路の仕組みや発熱の原理、工具の正しい使い方等を学習する
「はんだこて教室」も同時開催しました。

19-2_500
〈はんだこての様子〉

各コースとも、自分のレベルにあった課題に基づいた
プログラムを楽しみながら作成しました。

19-3_500
〈ロボの普及のため一部の保護者も受講〉

初めての参加者には「こどもの理科離れをなくす会」のスタッフより
丁寧な説明がなされ、経験者や既に大会への参加が決まっている参加者は、
独自のプログラム作りに余念がありませんでした。

19-4_500
〈集合写真〉

セミナー後半の練習試合では、
歓声があがるほど実戦さながらの盛り上がりを見せていました。

19-1_500
〈道脇副部会長 閉会のあいさつ〉

<次回告知(尼崎ノード)>
●尼崎ノード大会 平成30年1月20日(土)
●阪神ブロック大会 平成30年2月3日(土)

【Vol.19】ロボットプログラミング教室(H29.12.16)

[前の記事]
12月望年家族例会を開催
[次の記事]
ロボカップジュニアジャパン2018・尼崎ノード大会