HOME > 活動ブログ > 青年部と行政職員が大いに語り合うシリーズ9年目 「稲村市長と青年部がつなぐ100年後の“あまがすき”」 ~青年部・行政連携ミーティング~

活動ブログ

青年部と行政職員が大いに語り合うシリーズ9年目 「稲村市長と青年部がつなぐ100年後の“あまがすき”」 ~青年部・行政連携ミーティング~

2017年02月16日 (木) 12:49

尼崎商工会議所青年部「2月例会」
青年部と行政職員が大いに語り合うシリーズ9年目
「稲村市長と青年部がつなぐ100年後の“あまがすき”」
~青年部・行政連携ミーティング~

2月16日(木)開催事業報告
メンバー出席51名、行政職員17名、オブザーバー8名
事業担当:ドリームAMA委員会

本青年部ドリームAMA委員会(今里副部会長/株式会社今里三合園 社長)は、
2月16日、尼崎商工会議所601会議室において、
2月例会 青年部と行政職員が大いに語り合うシリーズ9年目
「稲村市長と青年部がつなぐ100年後の“あまがすき”」を開催し、
行政職員の皆様、青年部メンバー、オブザーバー
総勢76名の参加があった。

当日は、増田副委員長の司会進行のもと、
松本部会長の開会挨拶ののち、道脇委員長が趣旨説明を行いました。

19-1_500
《松本部会長挨拶》

その後、稲村和美尼崎市長から、
「稲村市長と青年部がつなぐ100年後の“あまがすき”」の基調講演を頂いた。

市制100周年事業への協力を述べるとともに、
2年後に再建予定の尼崎城の活用について、多くの人から意見を頂きたいことや、
これからの尼崎市のあり方等について講演していただきました。

19-2_500
《稲村市長 基調講演》

引き続き、今、話題のアマガサキの未来を考えるカードゲーム
「アマガサキトゥザフューチャー」を実施。

尼崎のこまりごとの解決方法を、
自由なアイデアと直感で考える「リソースゲーム」と、
2045年のまちの未来をみんなでイメージする「フューチャーゲーム」の
2つのゲームをプレイしました。

19-3_500
《市長を交えてカードゲーム》

フューチャーゲームでは、2045年には 365日24時間 市民のために働く
「稲村市長型ロボット」が誕生するなど、
画期的なアイデアも出されました。

カードゲームを通じて、市長、行政職員、青年部のメンバーが行政の立場、
民間の立場から相互に熱く意見交換をし、交流を深めました。

19-4_500
《進行方法を説明するゲームマスター》

また、青年部スピーチでは、
ドリームAMA委員会の南委員と、井上委員が、
それぞれ個性豊かなスピーチをされ、会場は大いに盛り上がりました。

【Vol.19】2月例会(H29.02.16)

■ 本件担当 ■
尼崎商工会議所 青年部事務局
地域振興グループ 吉野
Tel. 06-6411-2252 Fax. 06-6413-1156
E-mail: seinenbu@amacci.or.jp
URL: http://www.amacci.or.jp/

[前の記事]
ロボカップジュニアジャパン2017・阪神ブロック大会
[次の記事]
「3月正副会頭との懇談例会」を開催!