HOME > 活動ブログ > ロボットプログラミング事業 「第8回ネクストチャレンジカップ」を開催

活動ブログ

ロボットプログラミング事業 「第8回ネクストチャレンジカップ」を開催

2018年12月08日 (土) 18:02

ロボットプログラミング事業
「第8回ネクストチャレンジカップ」を開催
11月24日(土)開催事業報告
参加者37名、メンバー6名

事業担当:まちづくり委員会

本青年部まちづくり委員会(担当:林克年委員長)は、
11月24日(土)に尼崎商工会議所7階701・702会議室において、
「第8回ネクストチャレンジカップ」を開催しました。

ビギナーズリーグの試合の様子
《ビギナーズリーグの試合の様子》

このネクストチャレンジカップは、
初心者や大会には出たことがないという子どもたちにも
『競技会』という雰囲気の中で、
これまでの練習の成果を発揮するチャレンジの場を与えたいとの思いから、
7年前より毎年開催しています。

試合は、全15チーム・37名が3つのリーグに分かれて開始。
どの試合も1点差を争う展開で、
手に汗握る好ゲームが繰り広げられました。

結果は、ビギナーズ(Aリーグ)は初出場の「血夢命」が優勝。

ワールドLight Weight部門は双星高校の「双炎」が、
同Open部門は三田祥雲館高校の「team.祥雲 A edition」が
それぞれ優勝した。

また、今年度は初めて自分のロボットのプログラミングや
性能などについて説明するプレゼンテーションを行い、
保護者やスタッフによるプレゼンテーションポスターの
投票結果との合計で順位を決め、
「ヒューマノイドgirls」が表彰されました。

表彰されたヒューマノイドgirlsのプレゼン
《表彰されたヒューマノイドgirlsのプレゼン》

表彰式では島谷会長がプレゼンテーターを務め、
入賞チームに表彰状を手渡すとともに、
閉会に際して参加者への労いの言葉を頂き、
次のノード大会やブロック大会、
そして全国大会への期待を膨らませて大会は終了しました。

<次回告知(尼崎ノード)>
●尼崎ノード大会 平成31年1月19日(土)
●阪神ブロック大会 平成31年2月2日(土)

最後は全員で記念撮影
《最後は全員で記念撮影》

[前の記事]
11月例会「行列のできる!? 雇用のあり方 相談所」 ~さまざまな雇用と外国人雇用のあり方~を開催