HOME > 活動ブログ > 7月メンバー企業視察例会「メンバーの仕事を知り、交流を深める」を開催

活動ブログ

7月メンバー企業視察例会「メンバーの仕事を知り、交流を深める」を開催

2017年08月22日 (火) 18:09

7月メンバー企業視察例会
~メンバーの仕事を知り、交流を深める~を開催 

7月12日(水)開催事業報告
出席者:メンバー54名、オブザーバー2名
事業担当:会員交流委員会

本青年部は、メンバー間の交流を目的とした例会を企画するべく、
会員交流委員会(担当副部会長:今里泰夫副部会長)が設営担当委員会となり、
7月12日(水)に本会議所7階701会議室において、
「7月メンバー企業視察例会 ~メンバーの仕事を知り、交流を深める~」を開催。

メンバー54名、オブザーバー2名の参加がありました。
今回は、青年部メンバーの普段の仕事の様子を見学するため、
6月22日(木)に事前視察会を開催しました。

早朝4時半集合の株式会社魚熊への見学を皮切りに、
有限会社ヒロ工芸、サンドブラスト工房高野屋。の3社を視察。

株式会社魚熊への視察では、市場の競りの様子や、巨大な冷凍庫の中も見学。
早朝にも関わらず、多くのメンバーが集まりました。

また、有限会社ヒロ工芸では
青年部のスローガンを印刷した看板の作成を実演していただき、
サンドブラスト工房高野屋。では、
青年部オリジナルデザインのグラスを作成する様子を見学しました。

例会当日は、事前視察会に参加できなかったメンバーのために、
録画した映像を上映。

事前視察会の映像を放映
《事前視察会の映像を放映》

さらに、上記3社のメンバーに井上委員(旬彩亭・代表)を加えた4名から
仕事の内容の発表がありました。

発表の後は、サンドブラスト工房高野屋。の今後の事業展開案について、
グループディスカッションを行いました。
短い時間の中で活発な意見交換が行われ、
発表ではユニークな事業展開案が数多く挙げられました。

その中で、審査員となった高野委員から、
まちづくり委員会のグループによる
尼崎城とのコラボの案が優秀賞に選ばれ、
賞品として高野委員が作成したオリジナル焼酎ボトルが贈呈されました。

今回の例会を開催したことで、
他のメンバーも普段どういった仕事をしているのか、
興味を持つきっかけとなったとの声も多く、
とても有意義な例会となりました。

会員交流委員会では、
今後もメンバー間の交流を深められるような事業を企画していきます。

参加者全員で集合写真!!
《参加者全員で集合写真!!》

【Vol.6】7月講師例会(H29.7.12)

■ 本件担当 ■
尼崎商工会議所 青年部事務局
地域振興グループ 小柳津
Tel. 06-6411-2252
Fax. 06-6413-1156
E-mail: seinenbu@amacci.or.jp
URL: http://www.amacci.or.jp/

[前の記事]
「ロボットプログラミング教室」を開催
[次の記事]
「ロボカップ2017名古屋世界大会視察見学会」を開催