HOME > 活動ブログ > ロボットプログラミング事業「ロボカップジュニアジャパン2019 尼崎ノード大会」を開催

活動ブログ

ロボットプログラミング事業「ロボカップジュニアジャパン2019 尼崎ノード大会」を開催

2019年01月19日 (土) 16:07

ロボットプログラミング事業
「ロボカップジュニアジャパン2019 尼崎ノード大会」を開催
(1月19日(土)開催事業報告 参加者41名)メンバー4名
事業担当:まちづくり委員会

本青年部まちづくり委員会(担当委員長:林克年委員長)は、
1月19日(土)に尼崎商工会議所にて
「ロボカップジュニアジャパン2019 尼崎ノード大会」を開催しました。

2月2日開催予定の阪神ブロック大会に向けて、
市内外から、全17チーム
(World Openリーグ:4チーム、World Light Weightリーグ:4チーム、ビギナーズ:9チーム)、
41名の選手が出場しました。

阪神ロボカップジュニア協議会の島谷会長の挨拶の後、
子どもの理科離れをなくす会からのルール説明、
調整タイムと進むにつれ、
会場内は徐々に緊張感が高まっていきました。
そして、いよいよ12時に試合開始。

ビギナーズリーグでは、
今年初出場する参加者も多く、
調整に苦戦する姿も見られました。

1、2点差の接戦となる試合が多く、
手に汗握る戦いが繰り広げられました。

白熱した戦いが繰り広げられた
〈白熱した戦いが繰り広げられた〉

最終的に中学3年生コンビのR stormが決勝トーナメントを勝ち抜き、
優勝しました。

Worldリーグでは県立三田祥雲館高校が無類の強さを見せ、
Openではteam.祥雲 A Editionが、
Light Weightではteam.祥雲 STN Editionが
それぞれ6勝無敗で優勝しました。

また、プレゼンテーション賞にはHUGEが選出され、
試合終了後には参加者全員の前で自分のガジェットや
プログラミングについて説明。

プレゼン賞に輝いたHUGEによる説明
〈プレゼン賞に輝いたHUGEによる説明〉

中学1年生ながら、
ガジェットのパーツを自らCADデータで作成し、
加工したとの説明に、会場からは称賛の声があがりました。

次は阪神ブロック大会。神戸ノードのチームを尼崎に
迎え、全国行きの切符をかけて、いざキックオフです!

最後は全員で記念撮影
〈最後は全員で記念撮影〉

■ 本件担当 ■
尼崎商工会議所 青年部事務局
地域振興グループ 小柳津

Tel. 06-6411-2252
Fax. 06-6413-1156
E-mail: seinenbu@amacci.or.jp
URL: https://www.amacci.or.jp/

[前の記事]
12月望年例会 「もっとOB・OGとの交流を深めよう!」を開催
[次の記事]
1月新春例会「新年初めに出会いの大切さを語り合おう!!」を開催