HOME > 組織図

組織図

尼崎商工会議所 青年部 平成29年度 組織図

総務・広報委員会
専務理事 濱﨑 剛吉本年度総務広報委員会では、青年部手帳の作成、組織内の調整全般、役員会の運営、正副会頭との懇談会の設営を行います。
 
またHPでは情報の共有と発信をオンタイムで行い、更に会員拡大にも利用できる青年部紹介チラシを作成します。
 
11月の「地域交流会」では、青年部メンバーが他地域の青年部と交流する例会を企画・設営します。
 
一年間を通じ、青年部の魅力を分かり易く発信し、メンバー間の相互理解が進むよう尽力します。
 
総務・広報委員会
専務理事 濱﨑 剛吉

経営資質向上委員会
副部会長 尾ノ上 直子今年度、「経営資質向上委員会」を担当することになりました。経営資質向上委員会は今年度からの新設委員会で、その名の通り青年部メンバーの経営者としての資質を学び、交流を通して向上させていくことを目的とした委員会です。
 
私たち、青年部メンバーは経営に携わるものとして、地域活動、地域経済の発展に貢献する事業を行ってまいりました。青年部の基本方針である『一隅千を照らす 青年部』 ~メンバーを照らし、地域を照らすまちづくりを~ の中で地域の資産であるメンバーが地域の交流を通して活気あるまちに導いていく存在を目指し、そのためには、自分自身が輝いていることとあります。
 
メンバー一人ひとりが輝ける学び、交流の場を作ることを、またOBの先輩からも学べる機会を、この「経営資質向上委員会」メンバー一丸となり、努めてまいりたいと思います。
 
経営資質向上委員会
副部会長 尾ノ上 直子

会員拡大委員会
副部会長 箕浦 康之「縁は努力しないと続かない。良縁を継続する為の努力と新たな縁と繋がる努力の両輪をモットーに」
 
当委員会は、魅力ある青年部を発信し、一人でも多くの仲間を増やす役割を担っております。
 
その為には、まず一人ひとりが委員会メンバーの魅力を知り、相手を尊重し、損得を越えてメンバーの役に立つ為に動く事からはじまります。
 
その善循環を他の委員会メンバーとも交流する事からはじめて真の拡大という動きを青年部メンバーに波及出来るものと考えます。
 
青年部のすべての事業や人を知り、青年部の良さを世に広めていける一年としていきます。
 
会員拡大委員会
副部会長 箕浦 康之

次世代育成委員会
副部会長 細井 貴彦本年度も引き続き松本部会長のもと、頑張ってまいります。
 
本年度は、青年部としては初めての高校生との交流ということで、尼崎の高校生が今後の尼崎を担う人財として活躍してもらえるよう、青年部が高校生の意識を高められるような活動をしていきたいと思います。
 
現在少子化にともない全国的に人手不足が叫ばれています。人材も東京一極集中の時代で、尼崎を含む地方都市はより深刻な状況になっています。青年部メンバーの経験を生かし、現役高校生に、この尼崎にもすばらしい会社がある。尼崎で就職し尼崎で生活したい。と思ってもらえることができる、伝えることができる例会、事業を行ってまいります。そのことが尼崎の活性化に繋がると信じております。
 
継続事業として、尼崎あんかけチャンポン事業があります。こちらも引き続きお土産用チャンポン販売、イベント出店等チーム尼崎あんかけチャンポンと共同で、尼崎名物尼崎あんかけチャンポンの名前を拡散してまいります。
 
次世代育成委員会
副部会長 細井 貴彦

会員交流委員会
会員交流委員会 今里 泰夫私たちが住んでいる街、私たちが生活している街、人はそれぞれが互いに協力し、助け合い、そして共に生活をしております。
 
私たちは隣の人、地域の人の事をどれくらい知っていますか、この人はなんの仕事をしているのだろうと感じることはないでしょうか、近年ITの発達により人との会話が減少し、ふれあいの交流も減りつつあります。
 
そこで、今年度は、一人でも多くの人が互いの事に興味をもち、ふれあい、「地域を照らすまちづくりを」めざしていけるよう会員の交流を深める事業を開催していきます。
 
また、12月には、望年・家族例会を開催し、私たち自身の交流会ではなく、家族みんなでの交流やふれあいの事業に取り組んでまいります。
 
会員交流委員会
副部会長 今里 泰夫

まちづくり委員会
道脇「メンバー同士が深く理解し 尊重し 強い絆で新展開に挑める委員会づくり」
 
まちづくり委員会では、事業に先立ち、各業界で活躍するメンバー一人ひとりの個性を活かした新しい考え方で企画する委員会を目指します。
 
 担当事業の1つ「行政との連携」。これまで交流を主としておりましたが、若い世代も巻き込んだ尼崎の活性化に、行政とともに事業を行えるのは何か、どのように連携できるのか、視察例会もふまえて模索していきます。
 
もう1つの担当に「ロボカップ事業」がございます。発足から2度の全国大会を尼崎で行い、今もなお継続事業としておりますが、更なる発展のために今後どのように関わっていくべきかを考えてまいります。
 
10月担当のロボカップ例会では、ロボカップに参加している子どもたちの理解、そしてメンバーにも事業内容を理解いただく例会企画を行います。
 
まちづくり委員会
副部会長 道脇 荒