HOME > 組織図

組織図

尼崎商工会議所 青年部 平成30年度 組織図

総務経営グループ担当 専務理事 兼 副部会長 浜崎 剛吉 会員グループ担当 副部会長 小畑 充生 まち育成グループ担当 副部会長 道脇 荒

総務広報委員会
委員長 中澤 曜治我々総務広報委員会は青年部活動が活発で有益なものとなるための下支えとなり、メンバー皆様が積極果敢に取り組める環境を整え、確りとした組織運営を行っていくことが必要であると考えます。
 
4月の定時総会の設営からスタートし、阪神7市1町との交流、HPの運営管理、青年部手帳・名刺の作成、OBとの交流、そして12月には望年例会を企画・設営します。
 
これらの活動を凡事徹底することにより、青年部メンバーが共感できる一役を担います。
 
当委員会の活動は組織の要として欠かせない役割であり、そのために委員会メンバー一丸となり精一杯努めて参ります。

 
総務広報委員会
委員長 中澤 曜治

経営資質向上委員会
委員長 松尾 修三今年度の経営資質向上委員会は、6月に『未来の仕事のあり方を学ぶ』11月に『これからの雇用のあり方』をテーマに新しい取り組みを目指した委員会です。
 
私が思うに、尼崎商工会議所青年部とは、まずは自分たちの本業である仕事を全うにこなし成果をあげ、そして尼崎の地域活動、地域経済の発展に貢献できる事業をすることと、メンバー自身の成長を時代に即することであると思います。委員メンバーが経営資質向上が出来るように微力でもお力になれればと思っております。
 
本年度の青年部基本方針でもあります、『共感 ~共に笑い、共に学び、共に感動しよう~』をモットーに皆様と共感できる委員会にし、今までにないような新たな取り組みを入れていけるような革新的な委員会を目指したいと思います。
 
経営資質向上委員会
委員長 松尾 修三

会員拡大委員会
委員長 増田 宗隆尼崎商工会議所青年部は、尼崎地域の活性化を担う団体です。地域の活性化には、「よそ者、馬鹿者、若者」、そして「女性」と、固定概念にとらわれない多様な価値観、強力なエネルギーをもった、人財が不可欠です。そこで、当委員会では、上記の視点で地域社会の発展を担う人財を発掘し、志のある会員を拡大して参ります。
 
当委員会の主な事業内容は、以下でございます。
●人財発掘・拡大の場として、異業種交流企画「拡大例会」(7月)
●青年部メンバー同士が共に共感し合えるよう「新春例会」(1月)
●新入会員の同期会設営
 
これらの事業を実施するにあたり、委員会メンバー全員が参加・参画できるよう工夫すると共に、新入会員がいち早く青年部に馴染める様にフォローし、本年度の青年部基本方針である『共感 ~共に笑い、共に学び、共に感動しよう~』に満ち溢れた、一体感のある青年部になるよう努めて参ります。
 
会員拡大委員会
委員長 増田 宗隆

会員交流委員会
委員長 葛井 伸泰青年部は現在、大きく成長し活気ある組織になっております。
 
そして、素晴らしい特性を持った、魅力溢れるメンバーが集まっています。それぞれの強みや能力を集結することにより、より良い
青年部活動が実現すると考えます。
 
そこで今年度は、メンバーが自身の個性や特徴を再確認できるような学びの機会を設けます。自分自身の強みを知った上で、仲間との交流を深める事業を開催していきます。
 
10月の家族例会では、メンバーを支えていただいているご家族と共に家族同士で触れ合える事業を行います。
 
時間を共有することで、繋がりがうまれます。真の仲間がたくさんできるよう、誰もが楽しめる事業に取り組んでいきます。
 
会員交流委員会
委員長 葛井 伸泰

まちづくり委員会
委員長 林 克年本年度のまちづくり委員会は、本年度完成予定である尼崎城を活用し、委員会メンバーみんなで作り上げ、達成し、喜びを共感出来る委員会運営を目指します。
 
まずは、お城を活用した町おこしの成功事例等を視察する例会を9月に開催し、今後の尼崎城の活用方法を模索します。そして、行政との連携として、2月に新市長及び行政職員を迎えての交流を目的とする「市長を囲む例会」を開催します。さらに、スタートから9年目を迎えるロボカップ事業については、青年部メンバーみんなで関わると共に、どのような形でのソフトランディングが良いかを調査・研究してまいります。
 
まちづくり委員会
委員長 林 克年

次世代育成委員会
委員長 西田 明生今年度「次世代育成委員会」を担当させていただくことになりました。本委員会は昨年度新設された委員会で、尼崎の次世代を担う『高校生』との交流を主とした委員会であります。
 
昨年度の本委員会では、『高校生』と『企業』を繋ぐスタートアップを実施しました。この繋がりを活かし、『高校生』と青年部が意識を高め合える様な活動を行っていきたいと考えております。
 
また、継続事業として行っている『尼崎あんかけチャンポン』ですが、変革の時期になって参りました、今までのイベントや販売だけではなく『尼崎あんかけチャンポン』を尼崎の象徴にするために協議会と連携した活動を行いたいと考えております。
 
『高校生』『尼崎あんかけチャンポン』をキーワードとして地方創生・地域貢献になるような活動を行っていきます。ご協力の程、宜しくお願いいたします。
 
次世代育成委員会
委員長 西田 明生