HOME > 活動ブログ > 11月例会「カードゲームを通じてSDGsと持続可能な企業経営について学ぶ」を開催

活動ブログ

11月例会「カードゲームを通じてSDGsと持続可能な企業経営について学ぶ」を開催

2020年01月16日 (木) 12:58

11月例会SDGs~持続可能な開発目標~
「カードゲームを通じてSDGsと持続可能な企業経営について学ぶ」を開催

11月13日(水)開催事業報告
出席者:メンバー53名、見学者2名 
事業担当:経営資質向上委員会

本青年部は、経営資質向上委員会(担当委員長:西村和哉委員長)が
設営担当委員会となり、
11月13日(水)に尼崎商工会議所7階701会議室において
11月例会
「カードゲームを通じてSDGsと持続可能な企業経営について学ぶ」を開催。
メンバー53名、見学者2名の参加がありました。

全員で記念撮影
〈全員で記念撮影〉

今回の例会は、
一般社団法人インバウンド・ダイバーシティ協会代表理事の
今田大介氏を講師に、
楽しみながらSDGsの本質を理解するため
カードゲームを通じて学習しました。

SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、
2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた17の大きな目標と、
それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されており
今や大手企業でも経営方針として取り入れています。

しかしSDGsはゴールを指しているだけであり、
どのように達成するのかは示されていません。

そこで2030年まで時間がない中でSDGsをどう達成するのか
メンバー同士で協力しカードゲームに挑戦。
ゲームが持つ取り組みやすさと面白さで終始熱中しました。

SDGsについてカードゲームを通じて学習する青年部メンバー
〈SDGsについてカードゲームを通じて学習する青年部メンバー〉

また、世界が目指す目標を「見える化」し
共有することによって行動が変わることを体験し
SDGsについて楽しみながら理解を深めました。

例会終了後は会場をごん兵衛に移動し懇親会を開催。

懇親会を開催
〈懇親会を開催〉

今回の例会を通じて集まったメンバーに
SDGsについて興味を持っていただく良いきっかけとなりました。

[前の記事]
12月望年例会「25年間の神話~いざ26年目の青年部に向かって~」を開催